*

リロケーションの税金

tax128_128リロケーションで持ち家を貸し出せば、賃料収入が入ってきます。収入があれば当然のように「税金」が発生します。ここではリロケーションの税金について解説します。

不動産収入による所得税が発生する

当然のように国税である所得税が収入に応じて発生します。リロケーションの賃料収入も同じです。たとえば、日本企業に勤めていて、海外転勤をして給料も依然と変わらず日本の企業から受け取っていたとしても、それに加えてリロケーションの賃料収入が発生するため、「自分で確定申告をしなければならない」のです。

給料分は企業からの源泉徴収、年末調整によって所得税が支払われますが、賃料収入分は確定申告で2月16日~3月15日までに申告する必要があるのです。

経費があれば所得税は減る

リロケーションによる賃料収入も、会社の売り上げと同じように経費があれば、課税所得を減額することができます。

総収入金額 - 必要経費 = 不動産所得の金額

リロケーションに関する経費としては下記のようなものがあります。

  • 固定資産税、都市計画税
  • マンションの取得費の一部が減価償却費として計上できる
  • ローン返済の利息
  • リロケーション会社へ支払う管理手数料など
  • リフォームや修繕にかかわる費用
  • 火災保険料、地震保険料

とくに注意したいのは、建物の減価償却費です。減価償却費というのは経営者でなければピンと来ないかもしれませんが、自分が住むのではなく人に貸すための資産に持ち家が変わったため、その持ち家の物件購入額の一部を毎年経費として課税対象から引くことができるものなのです。物件購入額の数十分の1ですが、数十万円にはなるため、減価償却費を申告しないと非常にもったいないことになります。

詳しくはダーウィンのHPで記載されています。

http://www.7771.co.jp/tax/index.html

確定申告は「e-tax」でネットでできる

確定申告は海外にいても、インターネット上で完結することが可能です。ただし、海外転勤の場合は、管轄の税務署に対して事前に「納税管理人の選任届け」を提出しなければなりません。

http://www.e-tax.nta.go.jp/

確定申告をする元になる資料「家賃収支明細書」「支払調書」「領収証」に関しては、リロケーション会社が用意してくれることがほとんどですので、相談してみましょう。

関連記事

リロケーションの転貸借契約とは?

リロケーションサービスの場合は、物件の委託管理形態は「転貸借方式...

記事を読む

住宅ローン返済中のリロケーション

住宅ローンは自分で住んでいないと聞いたことがあるのですが、住宅ロ...

記事を読む

リロケーションの法律「定期借家権」

リロケーションというサービスは、日本ではできて...

記事を読む

リロケーションの賃料収入

リロケーションサービスを利用して持ち家を賃貸に...

記事を読む

新着記事

リロケーションの一括家賃査定とは

リロケーションで自宅を貸すことを検討するときに直接リロケーション...

記事を読む

リロケーションは入居者決定までのスピードが重要

リロケーションを利用するときに重要なポイントのひとつに「入居者決...

記事を読む

空き家管理サービス

リロケーションサービスを利用する方は、海外赴任や転勤をする方が多...

記事を読む

リロケーションの転貸借契約とは?

リロケーションサービスの場合は、物件の委託管理形態は「転貸借方式...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

リロケーションの一括家賃査定とは

リロケーションで自宅を貸すことを検討するときに直接リロケーション...

リロケーションは入居者決定までのスピードが重要

リロケーションを利用するときに重要なポイントのひとつに「入居者決...

空き家管理サービス

リロケーションサービスを利用する方は、海外赴任や転勤をする方が多...

リロケーションの転貸借契約とは?

リロケーションサービスの場合は、物件の委託管理形態は「転貸借方式...

リロケーションの税金

リロケーションで持ち家を貸し出せば、賃料収入が入ってきます。収入...

→もっと見る