*

リロケーションは入居者決定までのスピードが重要

mushimegane128_128リロケーションを利用するときに重要なポイントのひとつに「入居者決定までのスピード」というものがあります。なぜ、「入居者決定までのスピード」が重要かというと海外赴任や転勤をした場合には赴任先の住宅の賃料が発生する形になります。しかし、リロケーションの入居者が決まらなければ賃料収入は得られないのです。住宅ローンを利用してマイホームを購入した方であれば、ローンの支払いと赴任先の住まいの賃料が2重で発生することになってしまうのです。

もちろん、勤務先が赴任先の賃料を負担するケースもありますが、ローンと赴任先の賃料が2重で発生してしまえば、生活が苦しくなってしまうことも大いにありうるのです。

そのため、リロケーション会社を選ぶ際には「入居者決定までのスピード」が重要と言えるのです。

リロケーション会社の「入居者決定までのスピード」は何によって左右されるのか?

リロケーション会社の客付け力

まずは、リロケーション会社がどのくらい自分のリロケーション物件を告知してくれるか?がポイントになってきます。リロケーション物件も、SUUMOやアットホームなどのポータルサイトやフリーペーパーに掲載されるのが一般的です。リロケーションインターナショナルのように福利厚生サービスを提供しているクライアント企業の社員に告知するなど、独自の集客ルートを持っている会社もあるのです。

物件の募集開始時期

賃貸物件を必要とする方が多いのは、春先の2月~4月となっています。このシーズンは学校の卒業、入学、会社の新卒の入社など、人が一番動く時期と言えるのです。この時期に募集をする物件は比較的入居者が決まりやすいと言っていいでしょう。

立地

通常の賃貸物件と同様に立地も重要になります。もちろん、戸建て物件が増えるため、駅チカ物件ばかりではありませんが、2年間という期間限定で借りるという人は、駅チカの物件を希望する方が多いのです。また、ニーズが多いのはどうしても都市部に集中してしまいます。

近隣物件との賃料の価格差

通常の賃貸物件よりも、価格が安いのがリロケーション物件のメリットです。賃料を安く設定すれば、通常の賃貸物件と比較しての価格差も大きくなるため、期間限定でも入居者が決まりやすくなるのです。

まとめ

総じて「入居者決定までのスピード」を早くするためには、リロケーションの実績の多いリロケーション会社を選ぶと良いでしょう。

関連記事

リロケーションの一括家賃査定とは

リロケーションで自宅を貸すことを検討するときに直接リロケーション...

記事を読む

入居者にとってのメリットデメリットを知ることも重要

リロケーションサービスを利用する際には、賃料の設定や入居条件の設...

記事を読む

賃料収入には「客付け」力が影響する

リロケーションサービスを選ぶときに重要になるポイントは「いくらで...

記事を読む

新着記事

リロケーションの一括家賃査定とは

リロケーションで自宅を貸すことを検討するときに直接リロケーション...

記事を読む

空き家管理サービス

リロケーションサービスを利用する方は、海外赴任や転勤をする方が多...

記事を読む

リロケーションの転貸借契約とは?

リロケーションサービスの場合は、物件の委託管理形態は「転貸借方式...

記事を読む

リロケーションの税金

リロケーションで持ち家を貸し出せば、賃料収入が入ってきます。収入...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

リロケーションの一括家賃査定とは

リロケーションで自宅を貸すことを検討するときに直接リロケーション...

リロケーションは入居者決定までのスピードが重要

リロケーションを利用するときに重要なポイントのひとつに「入居者決...

空き家管理サービス

リロケーションサービスを利用する方は、海外赴任や転勤をする方が多...

リロケーションの転貸借契約とは?

リロケーションサービスの場合は、物件の委託管理形態は「転貸借方式...

リロケーションの税金

リロケーションで持ち家を貸し出せば、賃料収入が入ってきます。収入...

→もっと見る