*

賃料収入には「客付け」力が影響する

menber128_128リロケーションサービスを選ぶときに重要になるポイントは「いくらで貸せるのか?」「賃料収入はいくらになるのか?」が重要なポイントです。

賃料収入は実際に価格を提示してもらうまではわからない

しかし、賃料収入はすぐに見積もりがわかるというウェブサイトがあるものの、これはあくまでも概算であるため正確な募集賃料とは違っているケースが多いのです。

では、どうすれば賃料収入が多いリロケーションサービスを見つけることができるのでしょうか?

ここで登場するのが「客付け」というものです。

「客付け」というのは、入居者を募集して契約することを意味しています。

この入居者を募集して契約するノウハウや独自のネットワークがあるかどうか?で賃料収入が決まってくるのです。

入居者を探す能力が低いリロケーション会社は少しでも安く、お買い得な賃貸物件に見せなければ入居者が決まらないことになってしまいます。

逆に、入居者を探す能力が高いリロケーション会社の場合は、少々高めの賃料設定をしていても、入居者が見つかるということになります。

入居者募集の方法はリロケーション会社によって異なります。

1.インターネットのウェブサイトによる募集

SUUMO、HOMES、CHINTAIなど大手の賃貸ポータルサイトによる集客はほとんどのリロケーション会社が行っている入居者募集方法です。ここではあまり差別化はできません。

2.フリーペーパーによる募集

リロケーション物件の場合は、積極的に利用されないケースもあるのですが、入居者募集と言えば、駅などで配布されているフリーペーパーです。ただし、最近ではフリーペーパーが廃れてきている事情もあるため、強力な入居者募集方法とは言えないようです。

3.提携不動産会社による募集

小さな不動産会社は、「客付け」専門に不動産業を行っているところが多いのです。つまり、リロケーション物件を業者の情報サイトに載せると、エリアの物件を扱う不動産会社が営業して入居者を集めてくれるのです。

4.独自の集客ネットワーク

上記の入居者募集方法は一般的な方法ですが、独自の集客ネットワークを駆使しているリロケーション会社もあります。たとえば、リロケーションインターナショナルの場合は、別の事業で福利厚生サービスを中小企業に提供するということを行っています。そのため、提携する中小企業数が1万社以上あるのです。この中小企業の従業員に対して入居を斡旋するという方法も行っているのです。

契約の際には、多い入居者募集方法を聞いてみるのも良いでしょう。高い賃料で貸せるかのひとつのチェックポイントと言えるのです。

関連記事

リロケーションの一括家賃査定とは

リロケーションで自宅を貸すことを検討するときに直接リロケーション...

記事を読む

リロケーションは入居者決定までのスピードが重要

リロケーションを利用するときに重要なポイントのひとつに「入居者決...

記事を読む

入居者にとってのメリットデメリットを知ることも重要

リロケーションサービスを利用する際には、賃料の設定や入居条件の設...

記事を読む

新着記事

リロケーションの一括家賃査定とは

リロケーションで自宅を貸すことを検討するときに直接リロケーション...

記事を読む

リロケーションは入居者決定までのスピードが重要

リロケーションを利用するときに重要なポイントのひとつに「入居者決...

記事を読む

空き家管理サービス

リロケーションサービスを利用する方は、海外赴任や転勤をする方が多...

記事を読む

リロケーションの転貸借契約とは?

リロケーションサービスの場合は、物件の委託管理形態は「転貸借方式...

記事を読む

リロケーションの税金

リロケーションで持ち家を貸し出せば、賃料収入が入ってきます。収入...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

リロケーションの一括家賃査定とは

リロケーションで自宅を貸すことを検討するときに直接リロケーション...

リロケーションは入居者決定までのスピードが重要

リロケーションを利用するときに重要なポイントのひとつに「入居者決...

空き家管理サービス

リロケーションサービスを利用する方は、海外赴任や転勤をする方が多...

リロケーションの転貸借契約とは?

リロケーションサービスの場合は、物件の委託管理形態は「転貸借方式...

リロケーションの税金

リロケーションで持ち家を貸し出せば、賃料収入が入ってきます。収入...

→もっと見る